天空旅人トランジット通信 ドラクエ10

ドラクエXの最新情報・攻略・金策・狩場情報ブログ。DQ10初~中級者向けわかりやすい目線で更新。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゾーマにベホマは仕様?バーバラは竜? 堀井さんへの質問コーナー28周年SP DQXTV2第4回

 

140530hori1

 

まずは、画面で名前を呼んでくれる喜び

 

はじめてドラクエをプレイしたのがファミコンの初代でした。まだRPGというジャンルもメジャーではなく、わたしが小学生だったということもあり武器や防具の名前すら、??の状態でした。どうのつるぎって何だろう。かわのたてってなんだろう。まほうってどうなるの。それらすべてが新鮮でした。

1日30分しかファミコンをさせてもらえなかったのですが、ふっかつのじゅもんを書き終えると、鳥山明先生のパッケージを何度も見ては、早く冒険がしたいという気持ちの毎日でした。

時代が変わり、大人数でできるまでに進化しましたが、今から初めてドラクエをプレイする人へ、冒険する感動を与え続けるゲーム作りを期待しています。

ニコニコネーム スタンさん

 

堀井「嬉しいですね、こういうのね。当時、まず思ったのが、画面で名前を呼んでくれるっていうのをやってみようって思って。名前をつけたら、おおゆうしゃ○○○よって言う。それがたぶんプレイヤー的には嬉しいだろうなぁと思って。無かった体験ですからね」

 

(以下、特に指定がない場合は堀井雄二さんの発言)

 

続きを読むからどうぞ↓


↑あなたの1ポチでランクUP!



 

ゾーマにベホマは仕様? バグ?

 

ドラクエの思い出ということですが、『3のゾーマにベホマ』でしょうか。僕の周辺では、B組の近藤君が手をすべらせて、ゾーマにベホマを使ったところ大ダメージを与えたらしいという話で伝わっていましたが、日本で初めてゾーマにベホマを使った人間はどこの誰なんでしょうか。実際のところ、あの現象は仕様とバグどちらだったのでしょうか?

ニコニコネーム ベロクロンさん

 

これ、バグじゃないんですよ、仕様ですね^^

椿姫「仕様だったんですね~!」

「いちおう、要するに(ゾーマは)マイナスのアレ(属性)なんで、逆にいい呪文はダメージを与えるみたいな。それで気づく人は気づくだろうっていう」

齊藤P「近藤君すげー」

「だいたいね、敵にベホマが出来るとかいうのが、もう気づくように、ね^^ふつうベホマできないですからね。あえて出来たというのは、そういう意図が^^」

椿姫「というわけで、仕様でしたー

 

 

 

新しい試みがすごくいっぱい

 

ドラクエは小学生のときに買った6が初めてで、本当にやりこんだのを覚えています。裏ボスが倒せたときは感動しました。他のナンバリングもすべてプレイし、特に9では、東京や大阪への旅行のついでにすれ違いスポットを必ずまわり、レベルはもちろんカンスト、装備もすべて大成功品になるまでやっていました。他のシリーズも基本的にレベルはすべてカンストしています。

ニコニコネーム レナレナさん

 

「いや~、ありがたいですね本当にね。9のすれ違いは本当ね、みなさんやってくれましたね」

椿姫「9も本当にドラクエの中ではある意味新しい試みがすごくいっぱいありましたね」

本当に地図を探して、自分がDSを持って外に出るっていうふうにみんなやってくれたんで。僕自身けっこう秋葉原へ行ったりしましたよ」

椿姫「堀井さん行ったら大騒ぎになっちゃいますけどね(笑)」

「いや、けっこうね、目立たないんですよ^^」

齊藤P「ハハハハ(笑) みんな分かってて声かけないんですよ」

「そうなのかな?^^」

 

 

 

バーバラの設定はもともと竜だった、と明言

 

椿姫「6はスーパーファミコンですよね。わたしのときは周りが、バーバラの設定はもともと竜、ドラゴンっていう設定があったんじゃないかっていうウワサがありました」

「あっ、そうですね。ちょっと、考えたり、いろいろ……」

椿姫「えっ、それは……もともとあったんですか?」

「そう、あのー、そう、だからあるとき、バーバラはいなくなっちゃって」

椿姫「そう、いなくなっちゃうんですよねー」

ああいう設定があったりした^^(言葉を濁しつつ)」

椿姫「ええ~、なんかちょっと裏話的なのが聞けてね、本当に」

 

(※長らくネット上で語り広められていたバーバラ=ドラゴン説について、初めて公式の発言で裏付けがされました。有名な考察はこちら↓)

 

「ドラクエ6」が本当に目指したもの(1)バーバラと竜: かのろぐ(Kanohlogue)「ドラクエ6」が本当に目指したもの(1)バーバラと竜: かのろぐ(Kanohlogue)

 

 

 

ドラクエ6の思い出

 

「あれはね、6は要するに、最初はどうやって考えるかっていうと。最初、話が進んだときに、次の世界が出てくるって(作品は)けっこうあったんですけど、じゃあいきなり次の世界を出しちゃおうと。行ったり来たり、行ったり来たりも階段でいいじゃないかっていうね^^ 2Dだから出来た、けっこうムチャやってますね」

椿姫「2Dでしたけど、ちょっとこう、大地がこういう感じで楽しみでしたよね」

齊藤P「私一番最初にお手伝いを、スタッフとして参加したのが、6なんですよ」

椿姫「へぇ~~」

齊藤P「そうなんです。本当にもう、バランスのチューニングのタイミングでもう、なんでしょう、最後なんか、8時間ぐらいでクリアできるようになってたんですけど(笑) で、それは本当に何度も何度もみんなでスタッフ総出でバランスとるっていう」

「みんなやって、バランスシートが全部来るんですよ、どこに行ったとき何を買ったとか、どのレベルで来たっていうのを全部見て、最終的に数字を調整したりするんですよ」

齊藤P「手作業ですよ、書きながら」

椿姫「そうなんですね! 6の思い出は一応、テリーにちょっと特殊な他のキャラには無い能力があったりとか、(設定が)あったっていうイメージがありましたけどね。ありがとうございました、続いて行きましょう」

(※椿姫さんがここで言及しているのは、テリー=エスターク説のことと思われます。その説に関して筆者は詳しくないのでリンクは差し控えさせていただきます。気になる方はググってみてください)

 

 

 

初任給でドラクエ1

 

大学を卒業して初めての初任給でドラクエ1を発売日に購入しました。まさに、僕と一緒に育ったドラクエです。

ニコニコネーム ゲームコントローラーさん(51歳)

 

 

 

冒険の書は消えてしまいました

 

ドラクエといえば、ずばり冒険の書消失。昔友達の家で遊んでいてお姉さんがドラクエ3をしているところを、テーブルをガタッとやってしまい、冒険の書は消えてしまいましたの表示。お詫びもそこそこに、退散したのを覚えています。あの気まずさ、本当に申し訳ないです。

ニコニコネーム ヒロさん

 

「消えるってことはね、けっこう話題になりましたよね。逆に言うとね、2でふっかつのじゅもんが53文字だったでしょう。でも、これ以上無理だろうと思ったときに、セーブができるっていうのは、オッスゲーやったなっていう」

齊藤P「技術革新ですね」

「なぜか、スイッチを切るときにリセットを押しながら切るっていうね。よくわからん謎仕様だったですね」

齊藤P「パチーンて切ると、ヤバイという」

「そうそう、電流流れて消えちゃう、みたいな」

椿姫「なんかありましたよね~。初心者大使のみんなとか若い……まぁインコさんは若くないけど。若いメンバーはふっかつのじゅもんみたいなものが昔はあって……」

齊藤P「あれ(カセットを)フーッてやってたでしょ。やっちゃいけないらしいよ」

椿姫「カタカタ、ってやってフーッてね。本当はよくなかったみたいですけどね」

 

 

 

友達の家に集まって、みんなで謎解き

 

ドラゴンクエスト2の盗賊ラゴスを見つけて水門のカギを手に入れるというクエストが非常に難儀した記憶があります。当時小学生でしたけど、放課後に友達たちは速攻で家に帰ってドラクエ2をプレイし、翌日学校で報告や、武器防具の話をしていた記憶があります。友達たちもラゴスが見つからないと詰まっていました。私が偶然、壁を押したらラゴスが見つかり、画面に出現したそのときの衝撃は今だに記憶があります。友達に電話をして見つかったー!と報告をして大盛り上がりしました。難関でしたけど、やりがいがありました。

ニコニコネーム モスさん

 

「けっこうラゴスで詰まった人、多いみたいですね~。僕的には、ガライの墓で暗闇を押せってあったし、牢屋にいて出て行った人はいないと、黒い壁がワザとらしくあるんで、当然入っていくだろうと思ったら、意外とね。2の裏ボス。それから1の太陽の石。ここほれワンワンのきんのカギ。けっこう迷った人もいるみたいですね。特に3のカギは見つからない人もいるだろうと思って、アバカムっていうじゅもん作ったんです」

椿姫「ハイハイ、私大好きなじゅもんですアバカム~」

解けなくてもレベルが上がれば開けられる、という救済措置を用意しまして」

椿姫「その時点ではけっこう(覚えるレベルが)遠いんですけどね~。なつかしい」

「いやぁ、なつかしいですね本当にね」

椿姫「2とか、まだ謎解きが当たり前に攻略情報が蔓延していないときは、わたしも友達同士でここどうやってクリアしたの?みたいにお家に集まってドラクエしてましたよね

齊藤P「学校の教室で、誰が先にどこまで行ったみたいなのは、けっこうやってましたよ」

 

椿姫「みなさん、本当にたくさんのメールをありがとうございました~」

 

目次

DQXTV2第4回 ダイジェスト 28周年SP

 

関連記事

 

反響が大きかった記事

 

 

天空旅人トランジット通信は移転しました!

 

天空旅人トランジット | だいたいドラクエ10について。執筆者に「ゆめ」さんが加わりました!天空旅人トランジット | だいたいドラクエ10について

 

新アドレスは『hagumeta.net』です。

 

もしよかったら、ブックマーク、RSS登録、feedlyへの登録などをよろしくお願いします。

 

更新情報はツイッターでもお知らせしています。
@yukidomariをフォローして頂けると嬉しいです!

 

 

| インタビュー記事 | 16:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「(ドラクエ10の)2.2だから出来た」
これは次の椿さんの発言とつなげると
「2Dだから出来た」
かなと思います。

10の素晴らしいフィールド技巧なら、「天に伸びる階段」みたいなのはぜんぜん再現できそうですけどね!

| 通りすがり | 2014/05/30 15:30 | URL |

>>通りすがりさん
あっ、それですね!
ありがとうございます~、ここの聞き取りはよくわかんなくて、自分でも意味が通ってないなと気になっていました。

| ゆきど | 2014/05/30 15:36 | URL |

なぜドラクエ10は利用料金が次々いるんでしょうか?もしできるなら無料にしてくれればいいのに……そしたら人気上がると思うけどなー

| けんた | 2014/07/10 18:10 | URL | ≫ EDIT











非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagumeta.com/tb.php/758-936fe18a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT